新機動戦記ガンダムW Endless Waltzデフォルメ倶楽部
 
TOPアニメ作品ガンダム
新機動戦記ガンダムW Endless Waltzデフォルメ倶楽部
ウイングガンダムゼロ
XXG-00W0
ウイングガンダム
ゼロ
デスサイズヘル
XXG-01D2
デスサイズヘル
 
ヘビーアームズ改
XXG-01H2
ヘビーアームズ改
 
サンドロック改
XXG-01SR2
サンドロック改
 
アルトロンガンダム
XXG-01S2
アルトロン
ガンダム

●ピックアップ画像●


【みんなの背中】造形そのものは悪くないのですが…

●商品データ●
メーカーYUTAKA
発売年2001
形 態玩具
価 格****
種 類5体入1種
所 有5種
新機動戦記ガンダムW公式
サンライズ公式

OVAとして制作された「機動新世紀ガンダムW Endless Walz」からの指人形です。途中をえらくすっとばしたものですね。このガンダムWは、下降気味だったガンダム人気を一気に盛り返した(別の方向へ)作品だと思っていますが、TVシリーズよりもこのOVAの方が好きですね。

さて、指人形なのですが、細かいところもうまく作りこんであって、造形上での苦労はしのばれますが、彩色については語れないほどひどいと思います。デフォルメが難しいなら、5体のガンダムではなく、5人の主人公を指人形にすればよかったのに(ガンダムSEEDで現実のものになってしまいました)。


●作品・登場人物データ●
『新機動戦記ガンダムW』の続編として1997年に全3話が制作された。後に再編集され、追加映像を加えた特別編が劇場公開された。
かつての戦いから1年。全ての武力を放棄して平和への道を進む世界に対し、トレーズ・クシュリナーダの実子を名乗る少女マリーメイアを頂く謎の軍が宣戦布告した。放棄された筈のMSリーオー他旧式戦力に新型MSサーペントを加えての武力侵攻と、平和の象徴でもあるリリーナ・ドーリアンの拉致というマリーメイア軍の暴挙に対抗すべくヒイロ・ユイとデュオ・マックスウェルは行動を開始する。しかしその前に立ちはだかったのはマリーメイアの軍門に下ったトロワ・バートン、そしてガンダムパイロットの中でただ1人ガンダムを手放していなかった張 五飛だった。
一方特務機関プリベンターを組織して、亡きトレーズの意思を継ぎ地球圏の平和維持に当たっていたレディ・アンはルクレツィア・ノインやサリィ・ポォと共に事態の収拾を図るが、彼女達の前に「火消しの風ウインド」を名乗るゼクス・マーキスが現れ、プリベンターとして活動する権限と封印されたトールギスIIIを貸し与える様に願い出た。そして廃棄される筈だった4機のガンダムは、カトル・ラバーバウィナーの手によって再び地球圏へと舞い戻る。(Wikipediaより)
ウイングガンダムゼロ コード番号はXXG-00W0
ガンダニュウム合金で製造された2枚ずつ2対からなる4枚の翼がある。勝利の為の行動を最優先するゼロシステムが搭載され、完全に操れる人間は限られている。
ガンダムデスサイズヘル コード番号はXXG-01D2
ガンダムデスサイズの改修機。TV版とは若干デザインが異なっていてアクティブクロークはよりコウモリの翼に近い生物的なフォルムにリファインされ、表面のフィールドジェネレーターやホワイトの塗り分けを廃したシンプルなデザインに変更されている。
ガンダムヘビーアームズ改 コード番号はXXG-01H2
ヘビーアームズの改修機で、2連装ガトリングが両腕に、計4門装備され、搭載されるミサイル類も大幅に増えている
ガンダムサンドロック改 コード番号はXXG-01SR2
サンドロックの改修機でかなり大型化したヒートショーテルと、頭部のバルカン砲以外特に持っておらず、TV版と比較してより近接戦闘に特化した機体になっている。
アルトロンガンダム コード番号はXXG-01S2
シェンロンガンダムの改修機で、OVA版では地味目のカラーに変更。ドラゴンハングの形状やギミックを始め、ビームキャノンやランダムバインダー、シールド、脛部スラスターは全て排除され、よりシンプルなデザインにまとめられた。



TOPページへ