機動戦士ガンダム デフォルメ倶楽部 ホワイトバージョン
 
TOPアニメ作品ガンダム
機動戦士ガンダム デフォルメ倶楽部 ホワイトバージョン
ガンダム
RX-78-2
ガンダム
シャア専用ザク
MS-06S
シャア専用ザク
ドム
MS-09
ドム
ザクII
MS-06F
ザクII
ガンキャノン
RX-77-1
ガンキャノン
ガンダム
RX-78-2
ガンダム

MSM-03
ゴッグ
シャア専用ズゴック
MSM-07S
シャア専用ズゴック
ジム
RGM-79
ジム

MS-07B
グフ
ガンダム
RX-78-2
ガンダム
ジオング
MSN-02
ジオング

MAN-08
エルメス
シャア専用ゲルググ
MS-14S
シャア専用ゲルググ
ギャン
MS-15
ギャン

●商品データ●
メーカーYUTAKA
発売年2000
形 態玩具
価 格****
種 類15種
所 有12種
機動戦士ガンダム公式Web
サンライズ公式

ガンダムショップでばら売りしているのを偶然見つけました。そのときの種類としてはディフォルメ倶楽部1から3までの全種類がありましたが、もともと単なる色違いにはあまり興味がないので、商品の記録としてガンダムだけ3体を買ってきました

その後、お友達から多数いただきまして(oigoさんありがとうございました)、数も増えましたのでページを独立させてご紹介します。


●作品・登場人物データ●
機動戦士ガンダムは1979年にTVアニメとして制作・放映された。放映当時はさほど話題にもならなかったが、青年層をターゲットとして、戦場を舞台とした人間ドラマが描かれたり、ロボットがヒーローではなく兵器として扱われたなどリアリティを重視している内容がじわじわと評判を呼び1981年に劇場版第一作が公開された。
この劇場版は最初から三部作として制作されたものでTVシリーズを基本としながら一部の設定変更や新作画の導入など、単なるダイジェスト版にとどまらない作品となった。この後ガンダムはシリーズ化されていくことになる。
ガンダム コード番号はRX-78-2
地球連邦軍がジオン公国軍のザクを参考に開発した白兵戦用MS。サイド7から運び出す予定であったが、ザクの急襲を受けたためそのまま実戦配備された。「史上初の戦艦並の威力を誇るビーム兵器を持つMS」という戦闘力の高さから「連邦の白いヤツ(MS)」として、ジオン公国軍の前線兵士を震え上がらせた。(公式サイトより)
シャア専用ザク コード番号はMS-06S
中隊指揮官用ザクを赤とピンクのパーソナルカラーに塗り分けたシャアの専用機。中隊長機の印として頭にブレードアンテナを有し、ザクの3倍のスピードで敵に迫ったことから「赤い彗星」として連邦将兵に恐れられた。(公式サイトより)
ドム コード番号はMS-09
ジオン軍のモビルスーツ。バーニアを内蔵する脚と腰の大きなカバーと、十文字状のモノアイカバーが特徴。ホバー移動により軽快な機動性を発揮する。黒い三連星による初の対MS戦では、ジェット・ストリーム・アタックでガンダムを苦しめた。(公式サイトより)
ザクII コード番号はMS-06F
一年戦争を通じてジオン公国軍の主力MSとして君臨し続けた名機。頭部のモノアイ、左肩スパイクアーマーと右肩シールドの左右非対称のデザインおよび各部に露出した動力パイプが特徴。(公式サイトより)
ガンキャノン コード番号はRX-77-1
地球連邦軍が中距離支援用に開発した赤い砲兵型MS。サイド7にて試験を行う予定であったが、ザクの急襲を受けたため、そのままホワイトベースに実戦配備され、主にカイ・シデンが搭乗した。(公式サイトより)
ゴッグ コード番号はMSM-03
卵型のフォルム、両手の5本の鉤爪、ジオン軍特有のモノアイを隠す矢印型のカバーが特徴。水中では手を収納し、脚を縮められる。分厚い装甲のため機雷程度ではびくともしない。ガンダムのハイパー・ハンマーをも受け止めるハイパワーを誇る。
シャア専用ズゴック コード番号はMSM-07S
ズゴックをピンクの濃淡で塗り分けたシャアの専用機。ジャブローに「赤い彗星」の伝説を復活させた。ガンダムと互角の戦いを繰り広げるが、最後は右腕を切り落とされ撤退。
ジム コード番号はRGM-79
地球連邦軍がガンダムの運用結果をフィードバックして製造されたとされる生産型白兵戦用MS。ジャブロー攻防戦以後の戦闘に大量投入された。
グフ コード番号はMS-07B
ザクの後継機で格闘戦能力を向上させたMS。中・近距離用の武装が充実しており、ランバ・ラルの操縦による初の対MS戦では、ガンダムを圧倒した。オデッサではマ・クベ隊に量産機が配備されており、爆撃機ド・ダイYSとのコンビネーションによる空中戦もみられた。ジャブロー攻防戦にも投入されている。
ジオング コード番号はMSN-02
ジオン公国軍が開発した大型MS。脚部がない状態でも通常のMSとほぼ同じ頭頂高がある。サイコミュを搭載しており、有線式ビーム砲の腕を切り離して、オールレンジ攻撃が掛けられる。また、頭部だけを切り離しても攻撃出来る。80%の完成度で出撃し、ア・バオア・クーSフィールドでガンダムと交戦。これを中破させるが、自らも胴体を失う。最後はア・バオア・クー内でガンダムと相討ちとなった。
エルメス コード番号はMAN-08
サイコミュシステムを用いて機体本体の制御と機体内部に搭載するビットと呼ばれる小型のビーム砲台の遠隔操作を行う。そのためコクピット内部は必要最低限の操縦機器のみで、その殆どはコンソール類となっている。また高Gによるパイロットへの負荷を軽減するため、機体前部に配置されたコクピットには高性能の緩衝装置が設けられている。ララァ・スンが搭乗した。
シャア専用ゲルググ コード番号はMS-14S
ゲルググのプロトタイプをシャア用にピンクの濃淡に塗り分けた専用機。頭に角を有する。テキサスコロニーでの初陣ではかろうじてガンダムと引き分けた。
ギャン コード番号はMS-15
ジオン公国軍がマ・クベ用に開発した、白兵戦用MS。中世の騎士を思わせる外観が特徴。テキサスコロニーでガンダムを待ち伏せ、数々のトラップで追い詰めるも最後はビーム・サーベルに切り裂かれて爆発した。



TOPページへ