機動戦士ガンダム デフォルメ倶楽部1 ガンダム大地に立つ編
 
TOPアニメ作品ガンダム
機動戦士ガンダム デフォルメ倶楽部1 ガンダム大地に立つ編
ガンダム
RX-78-2
ガンダム
シャア専用ザク
MS-06S
シャア専用ザク
ドム
MS-09
ドム
ザクII
MS-06F
ザクII
ガンキャノン
RX-77-1
ガンキャノン
ガンダム
RX-78-2
ガンダム

MS-06S
シャア専用ザク
ドム
MS-09
ドム
ザクII
MS-06F
ザクII
ガンキャノン
RX-77-1
ガンキャノン

●箱画像●


 
●商品データ●
メーカーYUTAKA
発売年2000
形 態玩具
価 格****
種 類5体入1種2色
所 有9種
機動戦士ガンダム公式Web
サンライズ公式

ガンダムのデフォルメ倶楽部1では、前半に登場する主なモビルスーツが勢ぞろいしています。全体に素晴らしい出来栄えですが、なんといってもザクIIがいいですね。ヒートホークではなく、バズーカにクラッカーを手にしているところが憎いです。また、パート1では5個のうちひとつがシルバー彩色になっていたようです。


●作品・登場人物データ●
機動戦士ガンダムは1979年にTVアニメとして制作・放映された。放映当時はさほど話題にもならなかったが、青年層をターゲットとして、戦場を舞台とした人間ドラマが描かれたり、ロボットがヒーローではなく兵器として扱われたなどリアリティを重視している内容がじわじわと評判を呼び1981年に劇場版第一作が公開された。
この劇場版は最初から三部作として制作されたものでTVシリーズを基本としながら一部の設定変更や新作画の導入など、単なるダイジェスト版にとどまらない作品となった。この後ガンダムはシリーズ化されていくことになる。
本作は劇場版第一作にあたる。指人形パッケージと異なり公開当時のサブタイトルはない。ストーリーは主人公であるアムロ・レイがガンダムに搭乗するところから始まり、ガルマの葬儀が放映されるシーン(ギレンの演説)で終わる。
ガンダム コード番号はRX-78-2
地球連邦軍がジオン公国軍のザクを参考に開発した白兵戦用MS。サイド7から運び出す予定であったが、ザクの急襲を受けたためそのまま実戦配備された。「史上初の戦艦並の威力を誇るビーム兵器を持つMS」という戦闘力の高さから「連邦の白いヤツ(MS)」として、ジオン公国軍の前線兵士を震え上がらせた。(公式サイトより)
シャア専用ザク コード番号はMS-06S
中隊指揮官用ザクを赤とピンクのパーソナルカラーに塗り分けたシャアの専用機。中隊長機の印として頭にブレードアンテナを有し、ザクの3倍のスピードで敵に迫ったことから「赤い彗星」として連邦将兵に恐れられた。(公式サイトより)
ドム コード番号はMS-09
ジオン軍のモビルスーツ。バーニアを内蔵する脚と腰の大きなカバーと、十文字状のモノアイカバーが特徴。ホバー移動により軽快な機動性を発揮する。黒い三連星による初の対MS戦では、ジェット・ストリーム・アタックでガンダムを苦しめた。(公式サイトより)
ザクII コード番号はMS-06F
一年戦争を通じてジオン公国軍の主力MSとして君臨し続けた名機。頭部のモノアイ、左肩スパイクアーマーと右肩シールドの左右非対称のデザインおよび各部に露出した動力パイプが特徴。(公式サイトより)
ガンキャノン コード番号はRX-77-1
地球連邦軍が中距離支援用に開発した赤い砲兵型MS。サイド7にて試験を行う予定であったが、ザクの急襲を受けたため、そのままホワイトベースに実戦配備され、主にカイ・シデンが搭乗した。(公式サイトより)



TOPページへ