機動戦士ガンダムSEED DESTINY プチキャラコレクション
 
TOPアニメ作品ガンダム
機動戦士ガンダムSEED DESTINY プチキャラコレクション
メイリンホーク
メイリン
ホーク
ルナマリアホーク
ルナマリア
ホーク
シンアスカ
シン
アスカ
アスランザラ
アスラン
ザラ
ギルバートデュランダル
ギルバート
デュランダル

●箱画像●


 
●商品データ●
メーカーポピー
発売年2004
形 態玩具
価 格680円
種 類5体入1種
所 有5種
SEED DESTINY公式
サンライズ公式

ガンダムSEED DESTINYはガンダムSEEDの世界観を受け継いで、2004年9月からMBS・TBS系で放映されました。ガンダムとガンダムZ、ガンダムZZのような感じで、設定としては2年後になっています。最終的に50話が放映され、その後に特別編が放映されています。

この指人形も前作と同様にガンダムショップやアニメ専門店で販売しているのをよく見かけました。指人形としては。前作と同様な感じですが、キャラの表情が少し工夫されています。ちなみにこれはガンダムよりも先に発売され、驚いたことを憶えています。


●作品・登場人物データ●
『機動戦士ガンダムSEED DESTIN』は前作から2年後の世界を描いたものである。開始当初は新主人公により物語が展開していくが、中盤以降から前作の主人公も登場し全体として複雑な展開を見せ始めた。
メイリン・ホーク ルナマリアの妹で、ミネルバでMS通信管制を担当している女の子。ツインテールの髪型をしている。(公式サイトより)
ルナマリア・ホーク コーディネイター。ザフト新型艦ミネルバの搭乗員であり、赤いザクウォーリアを駆るエリートパイロット。ミネルバMS隊の中では、明るく勝気な紅一点である。(公式サイトより)
シン・アスカ コーディネイター。71年の地球連合軍のオーブ侵攻作戦のさい戦火に巻き込まれ、両親と妹を目の前で失う。オーブ脱出後プラントに渡りザフトのエリートパイロット(赤服)となり、デュランダルの護衛役としてアーモリーワンに来ていた。最新鋭MSインパルスガンダムの正式パイロット。(公式サイトより)
アスラン・ザラ 戦争回避のためプラントのデュランダルの元に赴くが、説得されアレックス・ディノという名を捨て、アスラン・ザラとして、ザフト特務隊「FAITH」の一員となり、ミネルバに赴く。シンとの衝突に戸惑いながらも、ハイネの存在によりミネルバクルーと打ち解けはじめる。しかし、戦いを止めたいというキラとアークエンジェルの出現で、ハイネを失い、キラの行動に困惑を隠せなくなる。(公式サイトより)
ギルバート・デュランダル ユニウス条約(停戦条約)締結後に解散した臨時評議会の後を受けて最強評議会議長に就任。亡きシーゲル・クラインの思想を踏襲しナチュラルとの融和の道を図る。一般市民からの信頼も厚い。(公式サイトより)



TOPページへ