轟轟戦隊ボウケンジャーソフビコレクション
 
TOP特撮作品スーパー戦隊ソフビコレクション
轟轟戦隊ボウケンジャーソフビコレクション
ボウケンレッド
ボウケンレッド
 
ボウケンブラック
ボウケンブラック
 
ボウケンブルー
ボウケンブルー
 
ボウケンイエロー
ボウケンイエロー
 
ボウケンピンク
ボウケンピンク
 
ダイボウケン
ダイボウケン
 
ダイボウケン
ダイボウケン
スペシャルVer.

●ピックアップ画像●
【背中】
やっぱり手抜きですよねぇ。
●ミニブック画像●

 
●商品データ●
メーカーBANDAI
発売年2006
形 態カプセル
価 格100円
種 類7種
所 有7種
スーパー戦隊百科
テレビ朝日

スーパー戦隊シリーズの第30弾は、「プレシャス」と呼ばれる宝物を探す「轟轟戦隊ボウケンジャー」です。前作のマジレンジャーと違いとても硬派な香りがします。オーレンジャー以来かな。メンバーもトレジャーハンターが二人にスパイと記憶をなくした少女と自衛官。どう展開していくのか楽しみですね。

それにしてもボウケンイエローの「バケットハンド」。こんな武器がでるとは思いませんでしたね。ブルドーザーそのまんま。ボウケンブラックの「パワーハンマー」はシティハンターの100tハンマーみたいですね。最初、雑誌でボウケンジャーが武器を構える写真をみて、土木工事の専門家集団かと思ってしまいました。

指人形ですが、最近のパターンを踏襲していて、メインの5人にロボが加わったラインアップです。ただ、ダイボウケンの蓄光版が含まれているのはどうしてでしょう。それと、このごろは背面が手抜きですよね。100円で作り続けることに限界が生じてきているのでしょうか・・・・。カプセルに入っているミニブックは、キャンペーン(「君の隊員フィギュアをプレゼント!」)の紹介もあって、とても長いです。


●作品・登場人物データ●

2006年から放映された「スーパー戦隊シリーズ」第30作。記念作品ということもあり各回ごとにいままでのスーパー戦隊シリーズを振り返るコーナーが設置された。轟轟戦隊ボウケンジャー民間団体・サージェス財団が地球上に存在する「古代の秘宝:プレシャス」の保護・管理を目的に設立したチームである。彼らはプレシャスが悪の手に渡らないようさまざまな組織とプレシャスをめぐる戦いを繰り広げる。

ボウケンレッド 明石 暁が変身する。
「熱き冒険者」の異名を持つボウケンジャーのチーフ。常に冷静沈着で仲間を大切にする。アクセルテクターを装備することでデュアルクラッシャーを使用できるようになる。
ボウケンブラック 伊能 真墨が変身する。
「迅き冒険者」の異名を持つ。レッドである明石に対してライバル心を熱く燃やしていて、時にチームワークを乱すような言動をとることがある。ただし、心の底では明石を信頼しているらしい。
ボウケンブルー 最上 蒼太が変身する。
「高き冒険者」の異名を持つ。元々はスパイをしておりスリルを味わうためにいくつかの組織や国家を壊滅させてきたが、多くの人を傷つけてきたことに気づきボウケンジャーに入る。情報収集が得意。
ボウケンイエロー 間宮 菜月が変身する。
「強き冒険者」の異名を持つ。ある遺跡で気を失っているところを助けられボウケンジャーにはいる。自分の素性に関する記憶を失っていて冒険を通じて自分の正体を探している(実際には約10万年前に滅んだレムリア人の生き残り)。
ボウケンピンク 西堀 さくらが変身する。
「深き冒険者」の異名を持つボウケンジャーのサブチーフ。財閥の令嬢で陸上自衛隊への入隊経験があり狙撃ではオリンピック候補にもなったという経歴を持つ。極めて真面目でストイックな性格だが、チーフに対して深い恋心を抱いている。
ダイボウケン ゴーゴービークルがボウケンフォーメーションで轟轟合体した巨大ロボット



TOPページへ