仮面ライダーカブト ちびコレバッグ
 
TOP特撮作品仮面ライダー玩具
仮面ライダーカブト ちびコレバッグ
▼第一弾▼
カブト
仮面ライダーカブト
ライダーフォーム
カブト
仮面ライダーカブト
マスクドフォーム
ザビー
仮面ライダーザビー
ライダーフォーム
ザビー
仮面ライダーザビー
マスクドフォーム
▼第二弾▼
カブト
仮面ライダーカブト
ライダーフォーム
 
ザビー
仮面ライダーザビー
ライダーフォーム
 
ガタック
仮面ライダー
ガタック
ライダーフォーム
ガタック
仮面ライダー
ガタック
マスクドフォーム
●箱画像●


●商品データ●
メーカーポピー
発売年2006
形 態玩具
価 格514円
種 類4体入2種
所 有8種(重複2種)
石森プロ
テレビ朝日

響鬼から一転して昆虫戦士となった仮面ライダーですが、まさか「仮面ライダーカブト」というタイトルになるとは思いませんでした。今回の目玉はマスクドフォームからライダーフォームへのキャストオフ。タイトルは平凡ですが、このアイデアはなかなかですね。主人公も面白い人たちが揃っています。

指人形ですが、カブトとザビーが2フォームずつラインアップされています。いつものことではありますが「仮面ライダードレイク」という新キャラがいよいよ登場!という時期に発売されたので、少々物足りない気はしますね。パート2も発売されましたが、カブトとザビーのライダーフォームが重複しています。ひどいラインアップです。ホームページ見ても新製品情報すら掲載していないありさまで、これからもちびコレは続いていってくれるのでしょうか・・・。

とはいえ、指人形の出来栄えは、ちびコレらしさを残しつつ、今までに無いかっこよさを感じます。ソフビコレクションに比べても色もつくりも遜色はまったくありません。

ところで、昨年はマジレンジャー5人と響鬼、威吹鬼の計7人がセットになった「ゆびにんぎょうセット」というものが売られておりましたが、今年も登場していたようです。どうやらマジレンジャーファイナルライブツアーでのお楽しみ袋に入っていたようで、ボウケンジャーの5人とカブトライダーフォーム、カブトマスクドフォームがセットになっています。


●作品・登場人物データ●

仮面ライダーカブトは2006年に放映された平成仮面ライダーシリーズ第7弾。隕石の中に潜んで飛来した地球外生命体「ワーム」とライダーとの戦いを描く。今回のライダーはワームを殲滅するために組織された「ZECT」(ワームの別種族であるネイティブと地球人類が共同で設立した組織)によって開発された「マスクドライダーシステム」を身に着けて変身する。全体に昆虫がモチーフとなっていて、ライダーも「マスクドフォーム」から「ライダーフォーム」へと「キャストオフ(脱皮)」する。また、戦闘ではクロックアップと呼ばれる「超高速移動」をはじめとして「時間」が強く意識されている。ストーリーで言えば「ワーム」vs「ZECT」という単純な構成に見えるが、ZECTに属さずネイティブとの共存を願う主人公、ZECT所属のライダー、全人類の支配をもくろむネイティブなどそれぞれの思いが交錯して複雑に展開していく。

仮面ライダーカブト 天道総司がカブトゼクターによって変身する。今回のライダーは、「マスクドフォーム」に変身したのち、「キャストオフ」によってアーマー状のものを吹き飛ばして「ライダーフォーム」に変身する。カブトエクステンダーはカブトの専用バイクで、こちらも「マスクドモード」から「エクスモード」へ変形する。
仮面ライダーザビー ZECTがシャドウの指揮官兼カブトの抹殺任務に就かせたマスクドライダー第2号。変身するのは「ザビー資格者」で矢車想加賀美新影山瞬と変遷している。
仮面ライダーガタック 加賀美新がガタックゼクターによって変身する。マスクドフォームでは肩の「ガタックバルカン」、ライダーフォームでは「ガタックダブルカリバー」で戦う。



TOPページへ