仮面ライダー555 ちびコレバッグ
 
TOP特撮作品仮面ライダー玩具
仮面ライダー555 ちびコレバッグ
▼第一弾▼
ファイズ
仮面ライダー
ファイズ
 
オートバジン
オートバジン
 
 
カイザ
仮面ライダーカイザ
 
 
ホースオルフェノク
ホース
オルフェノク
 
スティングフィッシュ
スティング
フィッシュ
オルフェノク
▼第二弾(重複を除く)▼
アクセルフォーム
仮面ライダー
ファイズ
アクセルフォーム
オーガ
仮面ライダーオーガ
 
 
▼限定?▼
ファイズ
仮面ライダー
ファイズ
 

●箱画像●
○2個セット○

●商品データ●
メーカーYUTAKA
発売年2003
形 態玩具
価 格不明
種 類5体入2種+1
所 有8種
石森プロ
テレビ朝日

はじめて555(ファイズ)の顔を見たときはびっくりといたしましたが、慣れというものは恐ろしいもので、2005年になった今では特に違和感を感じません。

さて、このちびコレバッグは当初555とオートバジンの2体のみで「指人形セット」として発売されました。いつものパターンで数体加えてちびコレバッグになるだろうと思っていたところへ1の発売です。5体のうち、2体もダブっているので、ただでさえ困難な箱の入手をあきらめ、バラを購入しました。

しばらく経ってからオーガとアクセルフォームがばら売りされているのをみつけ、購入したところ、この2体と1からの3体をあわせた5体セットがちびコレバッグパート2として発売されました。ダブりを減らしてデルタやサイガやブラスターフォームやライオトルーパーなんかの新キャラを網羅する戦略に切り替えていただきたいものです。

また最後に紹介しているブラッククリア版ですが、劇場で配られていたものでしょうか。レッドクリアのアバレッドと一緒に友人から譲ってもらったのですが、詳しいことはわかりませんでした。


●作品・登場人物データ●

仮面ライダー555(ファイズ)は2003年に放映された平成仮面ライダーシリーズ第4弾。怪人(オルフェノク)に覚醒した人々の苦悩や、善人と言えない人がライダーに変身したり(逆にオルフェノクに善人がいたり)と、今までにない複雑なストーリーが展開されていく。ライダー自体はメカニカルなデザインで、こちらも意表をついたものとなった。

同年には劇場版「仮面ライダー555 パラダイス・ロスト」も公開された。TVシリーズとは違うパラレルな世界として製作されたが、何よりもライオトルーパーによる「一万人のライダー」というのが話題となった。

仮面ライダーファイズ 乾 巧がスマートブレインにより開発された「ファイズギア」によって変身する。使用しているギアは拡張性が高く、様々な別ユニットを装着することでフォームチェンジを可能にしている。フォームとしては胸部アーマーが展開する「アクセルフォーム」、全身が赤く染まる「ブラスターフォーム」がある。
オートバジン ファイズの専用バイクだが人型(バトルモード)に変形できる。
仮面ライダーカイザ 正装着者は草加雅人で「カイザギア」で変身する。
ホースオルフェノク 木場勇冶の真の姿。ケンタウロスのような疾走態にも変化できる。
スティングフィッシュ
オルフェノク
第一話に登場したオルフェノク。オコゼの特質を備えている。
仮面ライダーオーガ 木場勇冶がオーガギアで変身する。スペックとしては他のライダーをしのいでいる。(劇場版のみに登場)



TOPページへ