仮面ライダーソフビコレクション5
 
TOP特撮作品仮面ライダーカプセル
仮面ライダーソフビコレクション5
アギト
仮面ライダーアギト
グランドフォーム
G3
仮面ライダーG3
 
クウガ
仮面ライダークウガ
ライジングマイティ
スカイライダー
仮面ライダー
スカイライダー
シャドームーン
世紀王
シャドームーン
仮面ライダーBLACK
仮面ライダー
BLACK
コブラ男
恐怖
コブラ男
はち女
怪異
はち女

●ミニブック画像●

●商品データ●
メーカーBANDAI
発売年2001
形 態カプセル
価 格100円
種 類8種
所 有8種
石森プロ
テレビ朝日

パート5では、ミニブックにも「仮面ライダーアギト」とタイトルがつけられていますが、アギトからのラインアップはG3含めて2体だけで、その他はクウガと、旧ライダーからのラインアップです。敵キャラとしてもシャドームーンや、恐怖コブラ男、怪異はち女が含まれています。


●作品・登場人物データ●
「仮面ライダーアギト」は2001年から全51話が放映された平成仮面ライダー第二弾で、“未確認生命体第4号”が“未確認生命体”を滅ぼしてから2年後の世界が舞台である(残念ながら未確認生命体第4号=クウガとはされていない)。
物語はSAUL(未確認生命体対策班)に配属され、パワードスーツを装着して仮面ライダーG3に変身する氷川誠(宇宙刑事みたい…)、変身ベルト・メタファクターで仮面ライダーギルスに変身(させられる)葦原 涼、変身ベルト・オルタリングで仮面ライダーアギトに変身する記憶喪失の津上翔一と「アンノウン」との戦いを描いている。
仮面ライダーアギト 「仮面ライダーアギト(2001)」に登場。
津上翔一が変身ベルト・オルタリングにより変身する。今回収録されているのはアギトの基本形態であるグランドフォーム。
仮面ライダーG3 「仮面ライダーアギト(2001)」に登場。
G3とは正式名称をGENERATION-3(第3世代型強化外骨格および外筋)と言い、人体にはまったく改造を施さずに装着できる警視庁が開発したパワードスーツのことである。今回のG3は警察官である氷川誠が装着する。
仮面ライダークウガ 「仮面ライダークウガ(2000)」に登場。
今回収録されているのは、マイティフォームがライジングパワーにより強化された「ライジングマイティフォーム」。
スカイライダー 「仮面ライダー(1979)」に登場。
筑波洋が変身してネオショッカーと戦う。空が飛べるという触れ込みのライダーだが実際にはセイリングジャンプという滑空を行っているようである。後半にはパワーアップが行われ体色が明るくなった。なお、他のライダーとの世界観はつながっていてライダーの客演も多い。
ライダーの名前だが、ストロンガー以降途絶えていたシリーズを復活させるということで、番組タイトルも番組内での呼称も前半は「仮面ライダー」とされており「仮面ライダースカイ」のような呼び方はされない。
シャドームーン 「仮面ライダーBLACK(1987)」に登場。
彼は同日に生まれた兄弟同然の友人「南光太郎」とともに「暗黒結社ゴルゴム」によって誘拐され、次期創世王候補である「世紀王」とするため改造を施され、脳改造手術の前に脱出し仮面ライダーBLACKとなった光太郎と戦う。人間であった頃の名前は「秋月信彦」。
仮面ライダーBLACK 「仮面ライダーBLACK(1987)」に登場。
南光太郎が変身する。彼は同日に生まれた兄弟同然の友人「秋月信彦」とともに「暗黒結社ゴルゴム」によって誘拐され、次期創世王候補である「世紀王」とするため改造を施すが、光太郎のみ脳改造手術の前に脱出する。逃げ遅れた信彦はシャドームーンとしてよみがえり、BLACKと戦う。
TVシリーズ内で他のライダーは客演していないが他のライダーとの世界観は継承されているようだ。
コブラ男 「仮面ライダー(1971)」に登場。
ショッカーの改造人間。
はち女 「仮面ライダー(1971)」に登場。
ショッカーの改造人間。



TOPページへ