仮面ライダーキッズ 「オーズコンボ大集合!!」編
 
TOP特撮作品仮面ライダー仮面ライダーキッズ
仮面ライダーキッズ 「オーズコンボ大集合!!」編
プトティラ
仮面ライダーオーズ
プトティラコンボ
ガタキリバ
仮面ライダーオーズ
ガタキリバコンボ
ラトラーター
仮面ライダーオーズ
ラトラーターコンボ
サゴーゾ
仮面ライダーオーズ
サゴーゾコンボ
タジャドルコンボ
仮面ライダーオーズ
タジャドルコンボ
シャウタコンボ
仮面ライダーオーズ
シャウタコンボ
仮面ライダーバース
仮面ライダーバース
 
アンク
アンク
 
仮面ライダー電王
仮面ライダー電王
ソードフォーム
仮面ライダー新一号
仮面ライダー新一号
 

●ピックアップ画像●
【アンクの手のひら】
こちらも良く出来ています
●箱画像●

●商品データ●
メーカーBANDAI
発売年2011
形 態食玩
価 格120円
種 類10種
所 有10種
石森プロ
テレビ朝日

おもちゃが大人気のオーズですが、今度のライダーキッズでは現時点で登場しているコンボが勢ぞろいです。相変わらずそれぞれのポーズが凝っていてよいですね。他にも第二のライダーであるバースや、火野がオーズに変身するきっかけをつくったアンクがラインアップに含まれています。特にアンクの出来栄えは素晴らしいです(腕だけですが…)

過去のライダーからは40周年記念映画から一号と電王が登場です。でも、映画からならNew電王にしてほしいですねぇ。ちなみに一号は過去のラインアップと比べて若干の色違いとなっているようです。


●作品・登場人物データ●

「鴻上ファウンデーション」が運営する美術館に収蔵されていた「オーメダル」の封印が解かれ、800年の眠りから目覚めた怪人たち「グリード」が街中へと逃亡。この事態に備えて配備されていた鴻上の戦闘部隊「ライドベンダー隊」も全滅し、美術館も全壊してしまった。

そんな大災害にも全く気づかず、美術館の事務室で眠りこけていたアルバイト警備員がいた。彼の名は火野 映司。何の欲もなく、わずかな日銭と明日のパンツだけを持ち、世界を放浪している青年である。全壊に際してようやく目を覚ました映司は、室内に偶然落ちていた赤いメダルをアルバイト代と勘違いし、現場から持ち去ってしまう。

働き口を失った映司は街をさまようが、そこに突然宙に浮く怪物の腕・アンクが現れ、「自分のメダルを返せ」と要求する。だが、そこに他のグリードの分身・ヤミーが乱入。ヤミーは駆けつけた刑事・泉 信吾らに重傷を負わせたうえ、アンクにも一方的に危害を加える。映司はアンクを含めた人々を救おうと無謀にもヤミーへ立ち向かうが、そんな彼を見たアンクは「利用できる」と判断すると、さらに2枚のメダルと謎のベルトを映司に手渡し、「死にたくなければ変身しろ」と促す。

こうして映司は、オーメダルの力を使って戦う戦士・仮面ライダーオーズとなり、メダルを巡るグリードたちの戦いに巻き込まれていく。(以上、Wikipediaより)

仮面ライダーオーズ 「仮面ライダーオーズ(2010)」に登場。
映司がオーメダルの力を用いて変身した仮面ライダー。胸部には巨大な円形のプレート・オーラングサークルがあり、サークルには投入したメダルのモチーフとなる3種類の生物の顔の図柄が描かれ、頭部や四肢に向かってエネルギー流動路・ラインドライブが伸びている。
仮面ライダーバース 「仮面ライダーオーズ(2010)」に登場。
鴻上生体研究所の真木博士が中心となり、メダルシステムを研究して開発した生体強化スーツ。全身10箇所に武装拡張用ハードポイント「リセプタクルオーブ」が配置されており、戦闘局面に応じてユニットを換装する。
アンク 「仮面ライダーオーズ(2010)」に登場。
人間である火野映司と共に行動をしている、謎の多いグリードの一人。なんらかの動機からオーメダルを集めることに強い執着心を抱いている。メダルが足りず完全復活できないため、瀕死となった泉信吾の身体を利用することで自由に行動出来るようになる。グリードとしての能力や本来の姿がどういったものか等、現在のところまだ不明な部分が多い。
仮面ライダー一号 「仮面ライダー(1971)」に登場。
悪の組織ショッカーに捉えられ改造された本郷猛が脳改造をされる前に脱出し、ショッカーと戦う。途中で2号ライダーと交代するが、後に体色が明るくなり、パワーアップして帰ってくる。
仮面ライダー電王 「仮面ライダー電王(2007)」に登場。
野上良太郎に憑依するイマジンによって姿と能力(性格もだが…)が変わる。劇中では良太郎のイメージからそれぞれのイマジンに昔話的イメージがつけられていて、ソードフォームはモモタロス、ロッドフォームはウラタロス、アックスフォームはキンタロス、ガンフォームはリュウタロスがそれぞれ憑依する。プラットフォームとは、どのイマジンの能力も使わない「素体」の状態。また搭乗しているバイクはソードフォーム専用車で、移動用以外にもガンライナー格納時にはガンライナーから他のイマジンを攻撃する際の操縦システムにもなる。



TOPページへ