仮面ライダーキッズ 「仮面ライダーキバ現る!」編
 
TOP特撮作品仮面ライダー仮面ライダーキッズ
仮面ライダーキッズ 「仮面ライダーキバ現る!」編
仮面ライダーキバ
仮面ライダーキバ
キバフォーム
 
仮面ライダー電王
仮面ライダー電王
ライナーフォーム
 
仮面ライダー電王
仮面ライダー電王
クライマックス
フォーム
モモタロス
モモタロス
イマジン
寝転びVer.
ウラタロス
ウラタロス
イマジン
キンタロス
キンタロス
イマジン
リュウタロス
リュウタロス
イマジン
仮面ライダー電王
仮面ライダー電王
ウイングフォーム
ジーク
ジークイマジン
 
 
仮面ライダーゼロノス
仮面ライダー
ゼロノス
ゼロフォーム
デネブ
デネブイマジン
 
 

●ピックアップ画像●
【パッケージの台詞1】
イマジンこそが主役だと感じさせるショットです
【パッケージの台詞2】
こんなとこにも…
●箱画像●


 
●●●●各ライダーのイラスト●●●●
●商品データ●
メーカーBANDAI
発売年2008
形 態食玩
価 格100円
種 類11種
所 有11種
石森プロ
テレビ朝日

仮面ライダーキッズの新作ですが、ナンバリングは本当にやめてしまったんですね。ちなみに第11弾になりますが…。

さて、タイトルこそ2008年の「仮面ライダーキバ」が取り上げられていますが、実質は「仮面ライダー電王」のまとめになっています。いろいろと批判のあった電王でしたが、設定のうまさか好評のまま終了しましたね。今回はその立役者であるイマジンたちが勢ぞろいです。劇中のポーズ(性格?)を活かしたすばらしい出来栄えだと思います。


●作品・登場人物データ●

仮面ライダーキバは2008年に放映された平成仮面ライダーシリーズ第9弾。今回のライダーは人間社会に潜伏する「ファンガイア」とキバとの戦いを描くが、ドラマの中でも過去と現在が交互に挿入され親子二代にわたる戦いが描かれるなど、今までにないような取り組みがされている。

仮面ライダーキバ 「仮面ライダーキバ(2008)」に登場。
バイオリン制作者である「紅渡」が変身する。100年以上生きているキバットバット家の三代目である「キバットバットIII世」に「肌をかまれる」ことでキバに変身する。
仮面ライダー電王 「仮面ライダー電王(2007)」に登場。
野上良太郎に憑依するイマジンによって姿と能力(性格もだが・・)が変わる。今回ラインアップされているフォームの特徴は次のとおり。
●クライマックスフォーム:「てんこもり」とも呼ばれる、モモタロスら4体のイマジンの力をまとった形態。性格のベースはモモタロス。
●ライナーフォーム:イマジン4人の力で作られたデンカメンソードにより変身する形態で、性格は良太郎のまま。プラットフォームの強化タイプとも言える。
●ウイングフォーム:「劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生」に登場。ジークイマジンが憑依して変身する。
仮面ライダーゼロノス 「仮面ライダー電王(2007)」に登場。
桜井侑斗が変身する。電王のプラットフォームに対応するのがアルタイルフォームで、こちらでもかなり戦うことができる。イマジンであるデネブが憑依するとベガフォームになる。今回ラインアップされているゼロフォームは赤いゼロノスカードにより変身する形態で、性格は侑斗のまま。
モモタロス 「仮面ライダー電王(2007)」に登場。
野上良太郎に憑依するイマジンの一人。乱暴な性格で戦い好きではあるが、どこかお人よしのところもある。戦いを通じて良太郎をさりげなく信頼している。決めゼリフは「俺、参上!」「俺は最初から(最後まで)クライマックスだぜ!」など
ウラタロス 「仮面ライダー電王(2007)」に登場。
野上良太郎に憑依するイマジンの一人。冷静沈着で頭の回転も早いが、嘘をついて人を騙すことを好み、口八丁で周囲の人間を手玉に取る詐欺師のような性格。決めゼリフは「僕に釣られてみる?」。
キンタロス 「仮面ライダー電王(2007)」に登場。
野上良太郎に憑依するイマジンの一人。人情に脆い世話好きな性格。口癖は「(俺の強さは)泣けるで」、「涙はこれで拭いとき」、「俺の強さにお前が泣いた」。
リュウタロス 「仮面ライダー電王(2007)」に登場。
野上良太郎に憑依するイマジンの一人。我儘で気分屋で甘えん坊な性格。口癖とはいえないかもしれないが、戦う相手に「〜するけど、いい(よね)?」と質問するが「答えは聞いてない」といいながら攻撃する。
ジーク 「劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生(2007)」に登場。
野上良太郎に憑依するイマジンの一人。自己中心的な性格。ゆえにイマジン本来の使命も全くやる気を示していない。口癖は「降臨!」、「頭が高い!」。
デネブ 「仮面ライダー電王(2007)」に登場。
桜井侑斗に憑依するイマジン。生真面目でやさしい性格をしているため、いろいろと気苦労も多いようだ。イマジンとしての能力はあまり高くない。



TOPページへ