ポケモンキッズDX
 
TOPアニメ作品ポケットモンスターキッズ特別
ポケモンキッズDX
ポケモンキッズDX(2005)

ミュウツー

箱 表面

ラインアップ(箱 裏面)
【ラインアップ】
01.ジュカイン、02.バシャーモ、03.ラグラージ、04.カイオーガ、05.ミュウツー

ポケモンキッズDX2(2006)

カメックス

箱 表面

ラインアップ(箱 裏面)
【ラインアップ】
06.リザードン、07.フシギバナ、08.カメツクス、09.ホウオウ、10.ルギア、11.ホエルオー、12.ルカリオ

ポケモンキッズDX3(2006)

カイリュー

箱 表面

ラインアップ(箱 裏面)
【ラインアップ】
13.ファイヤー、14.サンダー、15.フリーザー、16.ラプラス、17.カイリュー、12.グラードン
04.カイオーガ、11.ホエルオー
注)パッケージには「12.グラードン」と確かに記載されているが
おそらく「18.グラードン」の誤植ではないかと思われる。

ポケモンキッズDXダイヤモンド&パール(2007)

エンペルト

箱 表面

ラインアップ(箱 裏面)
【ラインアップ】
12.ルカリオ、19.パルキア、20.カビゴン、21.エンペルト、22.ゴウカザル、23.ドダイトス

ポケモンキッズDXダイヤモンド&パール2(2007)

フワライド

箱 表面

ラインアップ(箱 裏面)
【ラインアップ】
19.パルキア、24.ディアルガ、25.ダークライ、26.ベロベルト、27.エルレイド、28.フワライド

ポケモンキッズDXダイヤモンド&パール3(2008)

シェイミ

箱 表面

ラインアップ(箱 裏面)

シェイミの足
【ラインアップ】
29.シェイミ(ランドフォルム)、30.ギラティナ(アナザーフォルム)、31.ジバコイル、32.シェイミ(スカイフォルム)
250円に値上がってました…

ポケモンキッズDXダイヤモンド&パール4(2009)

クレセリア

箱 表面

ラインアップ(箱 裏面)
【ラインアップ】
33.クレセリア、34.ヒードラン、35.ガブリアス、36.トリデプス、37.ラムパルド

ポケモンキッズDXダイヤモンド&パール5(2009)

アルセウス

箱 表面

ラインアップ(箱 裏面)

箱 側面
【ラインアップ】
19.パルキア、24.ディアルガ、30.ギラティナ、38.アルセウス
再販ばかりですね…。今回は箱側面がきれいです。

ポケモンキッズDXベストウイッシュ1(2011)

ジャローダ

箱 表面

箱 側面
【ラインアップ】
1.ジャローダ、2.エンプオー、3.ダイゲンキ
スタートポケモンの最終進化が揃い踏みですが、連番がクリアされてしまいました

ポケモンキッズDXベストウイッシュ2(2011)

ゼクロム

箱 表面

箱 側面
【ラインアップ】
続けざまに第二弾です。今回は 4.レシラム、5.ゼクロム、6.オノノクス、7.ドリュウズの4種です

ポケモンキッズDXXY(2014)

メガミュウツーY

箱 表面

箱 側面

足元
【ラインアップ】
XYバージョンとして久しぶりに発売されました。イベルタル、メガミュウツーY、ミュウツー、サザンドラの4種です。

●商品データ●
メーカーBANDAI
発売年****
形 態食玩
価 格****
種 類49種
所 有11種
オフィシャルサイト

ポケモンキッズをまとめて発売されていたDX版はどんどん進化を続け、DX版のみのオリジナルキッズなども登場するようになって来たのですが、その中に巨大ポケモンキッズ(指人形になっていない通常のソフビ人形)が含まれているものもあります。そしてとうとう巨大版だけがシリーズ化されました。

指人形ではないのでコレクション対象外なのですが、シリーズ販売ごとに気になるものだけ1体購入しています。シリーズはそれなりに続いていますが、重複が多いのであまり種類はありません。ただ、大きいだけあって出来栄えはよいですよ。また1箱200円以上して、カードなどは特になく、大き目のラムネが一つついています。


●作品データ●

「ポケットモンスター」は、ポケットモンスター(ポケモン)という不思議な生き物が生息する世界(地球上ではないとされている)でポケモンをパートナーとしてポケモン同士のバトルを行う「ポケモントレーナー」達の闘いを描くRPG。1996年に第一弾として「赤」「緑」のバージョンが発売されたのがすべての始まりである。2007年までに9シリーズ14バージョンが発売され、490種類のポケモンが登場しているが、それぞれのバージョンで出現するポケモンが異なることや、進化のために「道具を持たせて通信交換」が必要だったり、イベントなどでしか配布されないポケモンがいたりと、すべてをコンプリートするにはものすごい努力が必要である。ゲームボーイ以降の任天堂携帯ゲームでプレイできるが、ポケモンが携帯用ゲーム機を一般に浸透させた最大の功労者であることは間違いないだろう。




TOPページへ