新ポケモンキッズ5
 
TOPアニメ作品ポケットモンスターキッズ本編
新ポケモンキッズ5
オムスター
No138
オムスター
 
スピアー
No138
スピアー
 
オニドリル
No140
オニドリル
 
パラセクト
No141
パラセクト
 
フーデイン
No142
フーデイン
 
カイリキー
No143
カイリキー
 
ドククラゲ
No144
ドククラゲ
 
ポニータ
No145
ポニータ
 
ドードリオ
No146
ドードリオ
 
ゴースト
No147
ゴースト
 
シードラ
No148
シードラ
 
バリヤード
No149
バリヤード
 
カブトプス
No150
カブトプス
 
ギャラドス
No151
ギャラドス
 

●ピックアップ画像●
【フーディンの足元】
腰掛けてます
【ドードリオの尻尾】
きちんと3本あります
【カブトプスの背中】
ごついです
【ギャラドスの顔】
ごついです
●商品データ●
メーカーBANDAI
発売年1998
形 態食玩
価 格100円
種 類14種+再販4種
所 有14種
オフィシャルサイト

新ポケモンキッズ第5弾。やっと151匹勢揃いです。今回はギャラドスが2パーツになっています。それに自立できないので、立ったまま飾れません。再販はカイリュー、ライチュウ、ピッピ、ガーディでした。(再販の写真は掲載していません)


●作品データ●

「ポケットモンスター」は、ポケットモンスター(ポケモン)という不思議な生き物が生息する世界(地球上ではないとされている)でポケモンをパートナーとしてポケモン同士のバトルを行う「ポケモントレーナー」達の闘いを描くRPG。1996年に第一弾として「赤」「緑」のバージョンが発売されたのがすべての始まりである。

2007年までに9シリーズ14バージョンが発売され、490種類のポケモンが登場しているが、それぞれのバージョンで出現するポケモンが異なることや、進化のために「道具を持たせて通信交換」が必要だったり、イベントなどでしか配布されないポケモンがいたりと、すべてをコンプリートするにはものすごい努力が必要である。ゲームボーイ以降の任天堂携帯ゲームでプレイできるが、ポケモンが携帯用ゲーム機を一般に浸透させた最大の功労者であることは間違いないだろう。

アニメは1997年にテレビ東京系で放映が開始され、さらに1998年以降は毎年劇場版も作成されている。




TOPページへ