ポケモンキッズ5
 
TOPアニメ作品ポケットモンスターキッズ本編
ポケモンキッズ5
ユンゲラー
No089
ユンゲラー
 
ギャロップ
No090
ギャロップ
 
ニドランメス
No091
ニドランメス
 
ケンタロス
No092
ケンタロス
 
ナッシー
No093
ナッシー
 
トサキント
No094
トサキント
 
コラッタ
No095
コラッタ
 
ニョロボン
No096
ニョロボン
 
サンダー
No097
サンダー
 
ゴローン
No098
ゴローン
 
オニスズメ
No099
オニスズメ
 
マダツボミ
No100
マダツボミ
 
キュウコン
No101
キュウコン
 
ブーバー
No102
ブーバー
 
コイル
No103
コイル
 
マタドガス
No104
マタドガス
 

●商品データ●
メーカーBANDAI
発売年1998
形 態食玩
価 格100円
種 類16種+再販4種
所 有16種
オフィシャルサイト

ポケモンキッズの第5弾で、新ポケモンキッズ2からの続きです。今回のラインアップには、ゼニガメ、フシギダネ、ヒトカゲ、プリンの再販が含まれています。そういえば、買い集めていたときに、どうしてもサンダーだけ見つからなくて困った記憶があるなぁ。(写真に再販は含まれていません)


●作品データ●

「ポケットモンスター」は、ポケットモンスター(ポケモン)という不思議な生き物が生息する世界(地球上ではないとされている)でポケモンをパートナーとしてポケモン同士のバトルを行う「ポケモントレーナー」達の闘いを描くRPG。1996年に第一弾として「赤」「緑」のバージョンが発売されたのがすべての始まりである。

2007年までに9シリーズ14バージョンが発売され、490種類のポケモンが登場しているが、それぞれのバージョンで出現するポケモンが異なることや、進化のために「道具を持たせて通信交換」が必要だったり、イベントなどでしか配布されないポケモンがいたりと、すべてをコンプリートするにはものすごい努力が必要である。ゲームボーイ以降の任天堂携帯ゲームでプレイできるが、ポケモンが携帯用ゲーム機を一般に浸透させた最大の功労者であることは間違いないだろう。

アニメは1997年にテレビ東京系で放映が開始され、さらに1998年以降は毎年劇場版も作成されている。




TOPページへ