ポケモンソフトマスコット
 
TOPアニメ作品ポケットモンスターキッズ以外
ポケモンソフトマスコット
ピカチュウ
ピカチュウ
 
キレイハナ
キレイハナ
 
エレキッド
エレキッド
 
ホーホー
ホーホー
 
ブルー
ブルー
 
マリル
マリル
 
ピカチュウ
ピカチュウ
 
ヒノアラシ
ヒノアラシ
 
ワニノコ
ワニノコ
 
チコリータ
チコリータ
 
ヘラクロス
ヘラクロス
 
ヌオー
ヌオー
 
ピチュー
ピチュー
 
エイパム
エイパム
 
ピィ
ピィ
 
ハピナス
ハピナス
 
オタチ
オタチ
 

●ミニブック画像●




 
●商品データ●
メーカーBANPRESTO
発売年****
形 態カプセル
価 格100円
種 類17種
所 有16種
オフィシャルサイト

「むでんくん」というゲーム機の景品で登場したのがこの「ソフトマスコット」シリーズです。全体のシリーズ構成がよくわからないのですが、どうやら金・銀ポケモンを中心としているようです。

手に入ったミニブックによると、各シリーズで5から6種のラインアップのようです。また「大集合」と銘打ったシリーズから見ると全17種のようですね。

また全体にいえることですが、ポケモンキッズよりもスリムで小さめにつくられています。子供が遊ぶことを考慮してか、とてもやわらかい造りになっています。


●作品データ●

「ポケットモンスター」は、ポケットモンスター(ポケモン)という不思議な生き物が生息する世界(地球上ではないとされている)でポケモンをパートナーとしてポケモン同士のバトルを行う「ポケモントレーナー」達の闘いを描くRPG。1996年に第一弾として「赤」「緑」のバージョンが発売されたのがすべての始まりである。2007年までに9シリーズ14バージョンが発売され、490種類のポケモンが登場しているが、それぞれのバージョンで出現するポケモンが異なることや、進化のために「道具を持たせて通信交換」が必要だったり、イベントなどでしか配布されないポケモンがいたりと、すべてをコンプリートするにはものすごい努力が必要である。ゲームボーイ以降の任天堂携帯ゲームでプレイできるが、ポケモンが携帯用ゲーム機を一般に浸透させた最大の功労者であることは間違いないだろう。




TOPページへ