キメわざポケモンキッズ
 
TOPアニメ作品ポケットモンスターバリエーション
キメわざポケモンキッズ
ホエルコ
No258
ホエルコ
《しおふき》
ラティアス
No261
ラティアス
《ねがいごと》
サボネア
No266
サボネア
《ニードルアーム》
ジグザグマ
No269
ジグザグマ
《しっぽをふる》
>ハブネーク
No275
ハブネーク
《ポイズンテール》
ヘイガニ
No276
ヘイガニ
《ハサミギロチン》
ポチエナ
No278
ポチエナ
《いばる》
ジュプトル
No281
ジュプトル
《リーフブレード》
エネコ
No286
エネコ
《ねこのて》
アブソル
No291
アブソル
《でんこうせっか》
ラティオス
No294
ラティオス
《ドラゴンクロー》
ヌマクロー
No295
ヌマクロー
《たいあたり》
ワカシャモ
No307
ワカシャモ
《スカイアッパー》
ウソハチ
No390
ウソハチ
《うそなき》
マネネ
No391
マネネ
《フラフラダンス》

●箱画像●


 
●カードの画像●


 
●商品データ●
メーカーBANDAI
発売年2005
形 態食玩
価 格100円
種 類15種+クリア
所 有15種
オフィシャルサイト

それぞれのポケモンがキメわざを繰り出しているポーズをかたどったキッズです。雰囲気としては「アニメキッズ」に近い気がします。今回のキッズには、いままでのようなシールではなく、カードがつけられていて、それがそのまま箱のイラストになっています。カードの裏面にはポケモンデータと技解説もつけられています。

ところで、ウソハチ(ポケモンキッズゼリーと同じもの)とマネネ(ポケモンキッズムービーズ2005と同じもの)に初めて通し番号がつきました。ポケモンキッズアドバンス10ではルカリオのNo.388で終わっていましたので、No.389はマニューラでしょうかね。


●作品データ●

「ポケットモンスター」は、ポケットモンスター(ポケモン)という不思議な生き物が生息する世界(地球上ではないとされている)でポケモンをパートナーとしてポケモン同士のバトルを行う「ポケモントレーナー」達の闘いを描くRPG。1996年に第一弾として「赤」「緑」のバージョンが発売されたのがすべての始まりである。2007年までに9シリーズ14バージョンが発売され、490種類のポケモンが登場しているが、それぞれのバージョンで出現するポケモンが異なることや、進化のために「道具を持たせて通信交換」が必要だったり、イベントなどでしか配布されないポケモンがいたりと、すべてをコンプリートするにはものすごい努力が必要である。ゲームボーイ以降の任天堂携帯ゲームでプレイできるが、ポケモンが携帯用ゲーム機を一般に浸透させた最大の功労者であることは間違いないだろう。
アニメは1997年にテレビ東京系で放映が開始され、さらに1998年以降は毎年劇場版も作成されている。キメ技シリーズはこのアニメ版に基づいていると思われるため、1999年に発売された「アニメキッズ」の続編と捉えることもできよう。




TOPページへ