キメわざポケモンキッズ2
 
TOPアニメ作品ポケットモンスターバリエーション
キメわざポケモンキッズ2
ミュウ
No008
ミュウ
《しおふき》
イーブイ
No031
イーブイ
《あまえる》
>ニャース
No082
ニャース
《みだれひっかき》
ドンファン
No180
ドンファン
《つのでつく》
ソーナンス
No203
ソーナンス
《カウンター》
スバメ
No270
スバメ
《つばさでうつ》
フライゴン
No289
フライゴン
《はがねのつばさ》
グラードン
No292
グラードン
《じわれ》
チャーレム
No300
チャーレム
《ほのおのパンチ》
プラスル
No301
プラスル
《てだすけ》
マイナン
No302
マイナン
《てだすけ》
マクノシタ
No311
マクノシタ
《つっぱり》
チルタリス
No315
チルタリス
《うたう》
ルカリオ
No388
ルカリオ
《はどうだん》
マニューラ
No389
マニューラ
《メタルクロー》

●箱画像●


 
●カードの画像●


 
●商品データ●
メーカーBANDAI
発売年2006
形 態食玩
価 格100円
種 類15種+クリア
所 有15種
オフィシャルサイト

2006年は、ポケモンキッズが発売されてから10周年となる記念すべき年です。その第一弾がこの「キメわざポケモンキッズ2」でした。あわせて、マニューラがキッズNo.389であることがやっと明確になりました。

出来栄えはパート1と同様で、ややアニメキッズっぽい仕上がりとなっています。プラスルとマイナンが対になっていてかわいいですね。じわれをおこしているグラードンには、割れた地面までついています。イーブイが入っていますが、最近のTVアニメで卵から生まれたことと連動しているのでしょうか。これもよいですが、本編は当分再開できそうもありませんね。

今回のキッズにも、いままでのようなシールではなく、カードがつけられていて、それがそのまま箱のイラストになっています。カードの裏面にはポケモンデータと技解説もつけられています。


●作品データ●

「ポケットモンスター」は、ポケットモンスター(ポケモン)という不思議な生き物が生息する世界(地球上ではないとされている)でポケモンをパートナーとしてポケモン同士のバトルを行う「ポケモントレーナー」達の闘いを描くRPG。1996年に第一弾として「赤」「緑」のバージョンが発売されたのがすべての始まりである。2007年までに9シリーズ14バージョンが発売され、490種類のポケモンが登場しているが、それぞれのバージョンで出現するポケモンが異なることや、進化のために「道具を持たせて通信交換」が必要だったり、イベントなどでしか配布されないポケモンがいたりと、すべてをコンプリートするにはものすごい努力が必要である。ゲームボーイ以降の任天堂携帯ゲームでプレイできるが、ポケモンが携帯用ゲーム機を一般に浸透させた最大の功労者であることは間違いないだろう。
アニメは1997年にテレビ東京系で放映が開始され、さらに1998年以降は毎年劇場版も作成されている。キメ技シリーズはこのアニメ版に基づいていると思われるため、1999年に発売された「アニメキッズ」の続編と捉えることもできよう。




TOPページへ