アランジアロンゾ フィンガー10
 
TOP企業キャラ
アランジアロンゾ フィンガー10
KUMA
KUMA
 
SHIROUSA
SHIROUSA
 
KUROUSA
KUROUSA
 
U O
U O
 
KAPPA
KAPPA
 
PANDA
PANDA
 
MEKAPANDA
MEKAPANDA
 
PERORI
PERORI
 
WARUMONO
WARUMONO
 
USOTSUKI
USOTSUKI
 

●箱画像●


●限定シール画像●


 
●商品データ●
メーカーBANDAI
発売年2001
形 態玩具
価 格2000円
種 類10体入1種
所 有10種
公式サイト

これは、アランジアロンゾの10周年記念であり、アランジアロンゾビルヂングのオープン記念としてBANDAIから限定10,000個(限定になるのか?)が発売された指人形セットです。10体のキャラクターが入っていて、さらに限定シールもついています。

ただ、指人形を良く見ると上半身(というより腰から上)しか立体化されていないんですね。そうなるとコレクション対象を「全身像を高さ5cm以内にうまくディフォルメ」したものに絞っている私からみると対象外だったのかも知れません・・・。ところで、アランジアロンゾとは、公式サイトのキャッチコピーによると「かわいくて、へんてこで、かっこよくて、ばかばかしくて、ちょっとこわくて、まぬけで、なごめる、アランジアロンゾです。」とのことですが、確かにちょっと気になるキャラクターが多いですね。最近では名古屋でもショップを見かけるようになりました。


●作品・登場人物データ●
アランジアロンゾとは、姉妹である斎藤絹代・余村洋子2人のオリジナル雑貨作製ユニット名。その商品のブランド名でもあり、社名でもある。特にその数々のオリジナルキャラクター作家として知られており、「かわいくてへんてこでかっこよくてばかばかしくてちょっとこわくてまぬけでなごめる」作風で若い女性と子供に人気がある。
在籍の文具メーカー倒産後、ポストカードやアクセサリー作製を手始めに、1991年に大阪府で有限会社アランジアロンゾを父親と3人で設立。1993年に、ベネッセコーポレーションの出産育児雑誌「たまごクラブ」「ひよこクラブ」(たまひよ)のキャラクターをデザインしたことで活躍の場を広げ、愛・地球博のモリゾーとキッコロのデザインでファン以外にも知られるようになった。(Wikipediaより)
KUMA くま。さるくんの友達。普段は標準語で話すが、アランジアロンゾ大阪本店店長(イメージキャラクター)の時は関西弁で話す。
SHIROUSA しろうさぎ。天真爛漫な女の子。くろうさぎとはいつも一緒に遊んでいて、お揃いのアランジスモックを着ている。かわいい物と食べることが大好き。手先が不器用で、腕が太いことを気にしている。
KUROUSA くろうさぎ。落ち着きがあり、しろうさぎのお姉さん的存在なところがある。手芸が得意で、欲しい物はミシン。ミックスジュースの中身を当てるのがうまい。色黒なのが悩み。
U O うおくん。カッパくんの友達。優しく温和な性格。体には綺麗な花模様が描かれていて、器用に立って歩く。特技は目を開けたまま眠れること。魚なので雨の日が好きなようだ。親戚の子供が多数いる。ふるさとは日本海。
KAPPA カッパくん。クールで哀愁漂うカッコマン。ふらりと一人旅に出ることがあるが、寂しがりやだったりする。かぱちゃんの面倒をよく見ていて、なつかれている。5歳くらいまでは「かぱかぱ」としか話せなかったらしい。
PANDA パンダくん。基本的に男らしい性格だが、マントを着けヒーローのように飛んでみたりとお茶目だったりする。喜んだ時に「やっちゅー!」と発する。何にでも強いけれど、唯一くすぐりには弱い。好物は黒豆。黒パンダ団を敬遠している。メカパンダくんとは友達。
MEKAPANDA メカパンダくん。博士が作ったロボットのパンダ。ヒーローなのに「え〜」や「も〜」が口癖。雨が苦手(体が錆びるので)など弱点が多いが、ロボットなのでくすぐりには強く、工作が得意。好物は煎餅。
PERORI ペロリ。パンダくんの知り合い。しかし、パンダくんはどこで知り合ったかは覚えていない。ピンクのカバに見えるがカバではないらしい。何の動物なのかは不明。話し方が女の子ぽいが、性別も不明になっている。昔はふっくらしていたらしい。「たーこ」というタコの友達がいる。
WARUMONO わるもの。名前の通り、悪いことをしたり言ったりすることを好んでいる。目の位置が左右ずれており、自由に動かすことが出来る。小心者なところがあり、どことなく憎めない。
USOTSUKI うそつき。名前の通り、嘘をつくのが好きで周囲を困らせたりする。へそ曲がりでもある。顔色が黄色く、口先が尖っている。毎年4月1日になるとエイプリールフールということで、黄色いチューリップを持参でアランジアロンゾの店へ行くと、うそつきとの写真撮影を実施されている店舗がある。



TOPページへ