ジブリがいっぱい ゆびにんぎょう3
 
TOPアニメ作品→スタジオジブリ→
ジブリがいっぱい ゆびにんぎょう3
キキ
キキ
 
トンボ
トンボ
 
ジジ
ジジ
 
ぬいぐるみジジ
ぬいぐるみジジ
 
ウルスラ
ウルスラ
 
オソノ
オソノ
 
パン屋の亭主
パン屋の亭主
 
ジェファーソン
ジェファーソン
 
リリー
リリー
 
ジジ
母の日ジジ
 

●ピックアップ画像●
【やっぱりこれは…】
どうみてもヨーゼフだよねぇ
●商品データ●
メーカー ベネリック(株) 発売年 2010
形 態 玩具 価 格 200円
種 類 全9種+1種所 有 10種
スタジオジブリ

ジブリの指人形第三弾がでました。第二弾がポニョにトトロの残り物って感じだったので、シリーズ終了かと思ったのですが、意外に続きましたね。個人的には魔女の宅急便はあまり好きではなく、そのためキャラクターにも思い入れがないのですが、ぬいぐるみジジは良いアイデアと造形だと思います。

背中にカーネーションを背負ったジジは2020年になって発売されたものです。躍動感があってよいですね。

●作品・登場人物データ●
1989年に公開されたスタジオジブリの長編アニメーション。原作は角野栄子の児童書であり、スタジオジブリとしてはじめて他者の原作をアニメ化したものである。ちなみに「宅急便」というのはクロネコヤマトの登録商標。そのため黒猫のジジはスポンサーねらいでわざと登場しているのかと思っていたら、本当に偶然らしい。ストーリーは魔女の娘であるキキが掟に従い13歳で町へ出て、自分ひとりで(ジジは例外)暮らすところから始まる。パン屋に居候して宅急便を開くことを思いつき、様々な出会いや挫折を繰り返して町の一員となっていくのだが、原作を部分的にとりだしているせいか、飛行機を作ることに熱中しているトンボという男の子を応援する女の子の物語、にしか見えない(個人的な感想だが…)。
キキ 魔女のコキリと、普通の人間オキノの間に生まれた娘。魔女の掟に従いコリコの町へ1年間修行に出かける。声優は高山みなみ。
トンボ 飛ぶことを夢見て飛行機倶楽部に所属しているばかりか、自分で飛行機を作ろうとしている。キキと仲が良いが、劇中で恋愛関係に発展することはない。
ジジ キキと同時期に生まれた黒猫のオス。こちらも掟に従いキキと一緒に育てられた。キキとは意志の疎通(会話)ができる。
オソノ パン屋のおかみさん。亭主とは対照的な性格である。キキを信用して部屋を貸してくれた恩人でもある。
パン屋の亭主 無口なパン屋の主人。
ウルスラ 森の中の小屋で絵を描くことに没頭する画家の少女。キキの良い相談相手。かなり男っぽい。
ジェファーソン キキの最初の仕事のお届け先のケット君の家で飼われている老犬
リリー ジジの恋人(猫)

TOPページへ