ドクタースランプキッズ
 
TOPアニメ作品Dr.スランプ
ドクタースランプキッズ
則巻アラレA
則巻アラレA
 
則巻アラレB
則巻アラレB
 
則巻ガジラA
則巻ガジラA
 
則巻ガジラB
則巻ガジラB
 
則巻千兵衛
則巻千兵衛
 
空豆タロウ
空豆タロウ
 
空豆ピースケ
空豆ピースケ
 
黄緑アカネ
黄緑アカネ
 
スッパマン
スッパマン
 
皿田キノコ
皿田キノコ
 

●ピックアップ画像●
【仲良し】
アラレとガッチャンズ
【梅干たべて】
スッパマンの口です
●箱画像●(参考)


 
●商品データ●
メーカーBANDAI
発売年1998
形 態食玩
価 格100円
種 類10種
所 有10種
Dr.スランプ.com

リニューアルされたドクタースランプのアニメからの食玩です。全体に服装が現代風になっています。ドクタースランプというのは、「田舎くささ」とそこで暮らす人たちの「マイペースさ」「のどかさ」というのが物語のキーポイントだと思っていますので、こんな垢抜けたアラレちゃんたちは見たくありません。というわけでアニメは見ませんでした。

さて、指人形ですが、オークションだとかフリマでこつこつと集めていき、最後に「則巻ガジラB」を残すのみとなりました。1年以上探していたところ、オークションで1体だけ出品されているのを見つけたのですが、そのときほど落札時間が待ち遠しかったことはありませんでした。

これ以外の指人形としては、アニメ第一作を基本にしたBANDAIの「Dr.スランプソフビコレクション」、ビクトラーの「ソフト指人形」が、そして紹介しているものと同時期にYUTAKAからちびコレバッグが発売されています。


●作品・登場人物データ●
原作は鳥山明で、少年ジャンプにおいて1980年から1984年まで連載された。ペンギン村という「ど田舎」を舞台に、発明家である則巻千兵衛が制作した少女型ロボット「アラレ」が引き起こすドタバタを描いているが、もともとイラストレーターとして画力には定評のある作者が取り組んだだけあって、ペンギン村の風景やメカ描写、日常で使用される衣装や小物に至るまで細かい神経の行き届いた作品になっている。
1981年にはアニメ化され(じつはこのアニメ化で作品の存在を知ったのだが…)、全243話が放映された。その後1997年にはリメイクされ全74話が放映されている。 ちなみに原作は『Dr.スランプ』、最初のアニメは『Dr.スランプ アラレちゃん 』、リメイクされたアニメは『ドクタースランプ 』がタイトルである。これらのタイトルからもわかるように主人公は発明家の「則巻千兵衛」なのだが作中で本人が言及する以外はそのような扱いを受けたことが無い。
則巻アラレ 千兵衛が制作した少女型ロボット。ロボットなのに何故かメガネをかけている。設計ミスなのか常識離れのパワーとスピードを持ち、短時間で地球を一周したり、地面を殴って地球を二つに割ったり出来る。エネルギー源は「ロボビタンA」という謎の液体で、いつも哺乳瓶をつかって口から補給する。千兵衛の意向でロボットであることは内緒にされ、幼いころに生き別れた妹ということにされたが、アラレ本人はその意味が理解できず、あらゆる場面で存分にそのパワーを発揮している。それどころか時折、首を自分ではずして見せたりもするのだが、周りの人は「アラレちゃんは特技の多い変わった子」としか認識していない。つまりペンギン村というのはそういうのどかな場所なのである。
則巻千兵衛 本人いわく、本作の主人公。次々と発明を繰り返しそれを売って生計をたてている。いかにも「おじさん」な風貌なためまったく女性に相手にされないが、スケベ心は人並み以上に持っている。アラレの学校の「みどり先生」がだいすき。このみどり先生とは突然のように結婚してしまう。千兵衛の純真さにみどり先生が魅かれたらしいのだが「恋愛ものはきらい」と明言している原作者のため、作中で二人が愛をはぐくむ場面は(千兵衛の奮闘ぶりをみてみどり先生がやさしく微笑む一コマを除いて)まったくない。その後二人には「ターボ」とその妹という二人の子供が出来た。
則巻ガジラ アラレが過去の世界から拾ってきた卵から生まれた天使のような羽をもつ子供(男の子だと思うが不明)。ゴム以外ならばなんでも食べる。一定の年月がたつと2つに分裂するという特性があるのだがその正体は神様が送り込んだ天使。その目的は地球の文明が危機的状況に陥ったときに、その文明すべてを食べつくすという過激なものだったが、アラレたちと暮らすうちにその目的を忘れてしまったらしい(神様も後にその状況を認めている)。アラレちゃんと同等以上のスピードで空を飛ぶことが出来る上、頭についた触覚からビームを発射することが出来る。
則巻ターボ 千兵衛とみどりさんの子供。普通の赤ちゃんとして生まれたが千兵衛が目を放している隙に、宇宙船との衝突事故で命を落としてしまう。あわてた宇宙人はターボに蘇生措置を施すのだが間違って超能力をもった天才にしてしまい、それから0歳児なのにすべての言語をあやつり、空を飛び、千兵衛以上に素晴らしいメカを発明するようになった。
空豆タロウ 「バーバーそらまめ」の長男。中学3年生なのにサングラスをかけバイクを乗り回し、タバコをくわえているという典型的な不良。とはいえ、根っからのペンギン村の住人であるため、不良なのは格好だけのようだ。実はとても怖がりでオバケがとても苦手である。
空豆ピースケ 空豆タロウの弟。いつもネコ型の帽子をかぶっている。幼く見えるがアラレたちと同級生。
黄緑アカネ 喫茶店「Coffee Pot」の次女。空豆家とは親戚関係にある。空豆タロウ同様、不良の振る舞いをし、ぶっきらぼうな口調が特徴だが、ペンギン村の中で唯一に近い常識人で実はとても優しい。
スッパマン 地球の平和を守るため活躍するヒーロー。オカカウメ星からやってきた宇宙人らしいが姿は顔だけが巨大な地球人そのもの。平和を守ると豪語するわりに自分より強い敵にはこびへつらい、時には敵の側についたりする。普段は正体を隠し、暗悪健太と名乗りながらテレビレポーターをしているがペンギン村の人たちにはばれているらしい。
皿田キノコ おかっぱ頭でサングラス、いつも三輪車に乗っている幼児。大人ぶっていて、周りの大人たちを馬鹿にした態度を取るが、ちょっと驚くとすぐにちびってしまう。



TOPページへ