クレヨンしんちゃんチョコビキャンペーン
 
TOPアニメ作品クレヨンしんちゃん
クレヨンしんちゃんチョコビキャンペーン
◆かくれんぼキャンペーン◆
しんちゃん
しんちゃん
 

◆かくれんぼキャンペーン2◆
しんちゃん
ワニ山しんちゃん
しんちゃん
ワニ山しんちゃん

◆フィギュアゲットキャンペーン◆
しんちゃん
しんちゃん
赤服
しんちゃん
しんちゃん
青服
ワニ山さん
ワニ山さん
 

ワニ山さん
金歯

●箱画像●(参考)

●商品データ●
メーカーBANDAI・東ハト
発売年****
形 態景品
価 格****
種 類7種
所 有1種
公式サイト(アニメ)
公式サイト(原作)

しんちゃんが大好きなお菓子といえば「チョコビ」ですが、現実にあるチョコビでは時折しんちゃんの指人形が当たりとなったキャンペーンが実施されます。2011年現在で3回のキャンペーン(指人形関連のみ)が実施され、7種の指人形が登場しています。

かくれんぼキャンペーンと銘打たれた二回のキャンペーンでは、まずチョコビを食べるしんちゃんが大当たり景品として登場し、第二弾でチョコビのキャラクターであるワニ山さんに扮したしんちゃんが登場しました。第二弾では通常のチョコビでピンク色のワニ山しんちゃんが、ビッグチョコビという商品で金色のワニ山しんちゃんが登場しています。

フィギュアゲットキャンペーンでは、お馴染みの赤い服しんちゃん、ちょっと珍しい青服しんちゃん、ワニ山さんに金歯ワニ山さんの4種が登場しています。(このキャンペーンはその後ボールチェーン付フィギュアになり継続されています)

いずれもゲットは難しいらしく、ゲットされたみなさんは店頭で箱をシャカシャカ振ったようですね(フィギュアが入っているとお菓子がうごかないそうな…)。あんまりほめられた行為ではありませんが、気持ちはよくわかります。


●作品・登場人物データ●
原作は臼井儀人。1990年に青年漫画雑誌で連載が始まった。当初は5歳児を主人公にした風刺漫画でありギャグやエロが織り込まれた"下品な漫画"として認識されていた(実際に連載当初から愛読していた私なんて、家族から「こんな漫画読んでるの?」と白い目で見られたことがある。)しかしながら1992年にアニメ化されると、その下品さをそれほど失っていないにも関わらず好評をはくし長期放映になったばかりか、毎年劇場版が制作されている(泣ける映画として有名な作品すらある)。



TOPページへ