世界名作劇場指人形
 
TOPアニメ作品その他アニメ作品
世界名作劇場指人形
ラスカル
ラスカル
あらいぐま
ラスカル
パトラッシュ
パトラッシュ
フランダースの犬
 
バロン
バロン
ペリーヌ物語
 
アメディオ
アメディオ
母をたずねて
三千里

●袋の画像●


 
●商品データ●
メーカーYujin
発売年****
形 態景品
価 格非売品
種 類4種
所 有4種
日本アニメーション

世界名作劇場といえば、毎週日曜日の夜7時30分からフジテレビ系列で始まるアニメーションですが、我々の世代(1965生まれ)で言えば「カルピスこども劇場」と言う名前のほうが親しみがわきます。この世界名作劇場は全23作品が制作(ハイジは除きます)されましたが、ここで紹介している指人形はその中から、4作品に登場する動物キャラクターがラインアップされています。どれも主役級のキャラクターで、なかなか憎いところをついてきますね。ちなみに、小児用バファリンのおまけについていたようで、出来栄えもなかなかのものです。


●作品・登場人物データ●
ラスカル あらいぐまラスカル(1977年:全52話)に登場。
スターリング・ノース(11歳の少年)とラスカルの友情物語で、ほぼ実話らしい。
パトラッシュ フランダースの犬(1975年:全52話)に登場。
なにかにつけていじめられるネロ(10歳の少年)とパトラッシュのなんともいえないほど悲劇的な作品。必ず泣ける作品の代名詞(特に最終回)。
バロン ペリーヌ物語(1978年:全53話)に登場。
主人公のペリーヌは父親と母をなくしながら、大規模な製糸工場を営む祖父の住むマロクールまで旅をする。製糸工場では正体をかくしつつ、祖父の秘書にまでのぼりつめる。原作は「家なき娘」
アメディオ 母をたずねて三千里(1976年:全52話)に登場。
心配性な主人公のマルコ・ロッシがイタリアのジェノバからアルゼンチンのブエノス・アイレスまで、音信普通の母を探しに行く旅の物語。主人公がネガティブだからか、登場する周辺の人々がやたら明るい印象がある。



TOPページへ