呪術廻戦 ソフビィ
 
TOPアニメ作品アニメその他
呪術廻戦 ソフビィ
虎杖悠仁
虎杖悠仁
 
伏黒恵
伏黒恵
 
釘崎野薔薇
釘崎野薔薇
 
五条悟
五条悟
 
禪院真希
禪院真希
 
狗巻棘
狗巻棘
 
パンダ
パンダ
 
両面宿儺の指
両面宿儺の指
 

●ピックアップ画像●
【一年生】
制服の違いもしっかりと表現されています。
【一年生】
背中の違いもしっかりと表現されています。
【二年生】
個性の違いもしっかりと表現されています。
【宿儺指】
ここまで大きければ食べなかったでしょう。
【注意書】
それでもやっぱりこれを食べてはダメです。
●箱画像●

●商品データ●
メーカー バンダイ 発売年 2021
形 態 玩具 税込価格 638円
種 類 8種所 有 8種
TVアニメ「呪術廻戦」公式サイト

呪術廻戦は本当に面白いです。ドはまりしています。そんな中、ソフビィが発売されました。全8種です。ソフビィらしい直立不動なポージングですが、妥当なラインアップだと思います。指を除いては。なぜ指なのでしょう。第二弾で宿儺を入れる、という前ふりでしょうか。他にも入れてほしいキャラがいっぱいいるので、ぜひ第二弾、第三弾と続けてほしいものです。


●作品・登場人物データ●
(Wikipediaより)常人離れした身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、両親の顔を知らず、祖父に育てられた。祖父が逝去した夜、虎杖の学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、人を襲う化物・呪霊が現れてしまう。虎杖は「呪物」回収のために現れた呪術師の伏黒恵と共に、取り残された先輩を救うため校舎へ乗り込む。しかし、そこで窮地に追い込まれてしまい、虎杖は力を得るため自ら呪物「宿儺の指」を食べ、特級呪物・両面宿儺が復活する。その後虎杖は「宿儺の器」として呪術師に捕らえられ、死刑を宣告される。しかし、特級呪術師の五条悟の提案により、「すべての宿儺の指を食してから死ぬ」という猶予が与えられる。かくして虎杖は都立呪術高専に入学し、呪術師としての人生をスタートさせる。
虎杖悠仁
[いたどり ゆうじ]
快活・素直な性格で、誰に対してもフレンドリーに接している。また、祖父の遺言の影響で「正しい死」に強いこだわりがあり、常に仲間や一般人をはじめとする目の前の人間を手の届く範囲で出来る限り救おうと心がけている。身体能力の高さを生かした肉弾戦をメインに、「逕庭拳」という殴打を習得する。初期は呪力をうまくコントロール出来ていなかったが、交流会での東堂の指導により上達し、黒閃を経験した。また、毒の耐性も非常に高く、元来猛毒である宿儺の指を食しても死亡せず、宿儺が受肉した後も自我を保った上で宿儺を抑え込むことができており、故に宿儺の封印から1000年間生まれなかったとされる「宿儺の器」となった。
伏黒恵
[ふしぐろ めぐみ]
御三家・禪院家の血筋であり、その分家出身と見なされている。実の両親は共に亡くなっており、小学1年時から1つ年上の義姉・津美紀と共に暮らしている。さいたま市立浦見東中学校を卒業した後、都立呪術高専に入学した。また、担任である五条とは入学前からの知り合い。任務で杉沢第三高校の百葉箱に保管されていた宿儺の指の捜索に来た際に虎杖と出会う。虎杖が両面宿儺の指を呑み込んだ際、一度は虎杖を「呪い」として祓おうとするものの、五条に虎杖の処遇を尋ねられた際には、虎杖を救うよう懇願している。
釘崎野薔薇
[くぎさき のばら]
虎杖と同時期に呪術高専に入学したが、入学自体は以前から決まっていた。東京(都会)に対しての強い憧れを持つ一方で、彼女が小学校1年生の時に東京からの転校生である沙織ちゃんが村人たちの僻みによって追い出されたため、自身の故郷である田舎を嫌っている。非常にサバサバした気性の持ち主で、口が悪く、素人であるにも関わらず「呪いは危ない」と忠告してきた虎杖を蹴り飛ばすなど手が出るのも早い。一方で、呪霊に人質に取られた少年を助けるため自ら武器を捨てて丸腰になる、罪人である少年院の在院者を当然のように助けようとするなどの優しさも見せる。自らのアイデンティティーを強くもっており、丸腰の状態で真依に背後を取られていても平然と喧嘩を売るほど度胸がある。
五条悟
[ごじょう さとる]
細身の白髪の男性で、端正な顔を持つ。六眼と呼ばれる特殊な目を持ち、初見の術式情報の視認や、緻密な呪力操作を可能とする。これに関連し、戦闘時以外は常に布やサングラスで目隠しをしているが、周囲は見えている。また、幼少期はその六眼ゆえに多額の懸賞金がかけられ、粟坂らに命を狙われたが、誰も彼を殺せなかった。また、このころから呪術界のパワーバランスが大きく変わり、多くの呪詛師・呪霊の活動が制限された。
禪院真希
[ぜんいん まき]
都立呪術高専2年生。御三家・禪院家の出身だが、苗字で呼ばれることを嫌う。男勝りで反骨精神が強い上、口調が荒く、やや不遜な言動も目立つが、実際は面倒見が良く仲間想い。釘崎からも「姐さん」として慕われている。また、初対面時の乙骨を毛嫌いしていたが、成長していく彼に徐々に惹かれており、パンダからは「ツンデレ」と指摘されている。
狗巻棘
[いぬまき とげ]
都立呪術高専2年生。準1級呪術師。狗巻家出身の「呪言師」の末裔。この術式は、自身の声に呪力をのせて言霊を増幅・強制させることで自身が喋ったことをそのまま実現化するというものであり携帯電話を介しての音声も有効で、拡声器で有効範囲を広げることも可能。ただし、連続で使用したり、より強力なものを使用したりするほど身体への負荷がかかるほか、乱用によって自身が呪言そのもののダメージを受けることもある。術の性質上、意図せず人を呪うことを防ぐため、会話の語彙をおにぎりの具に限定している。
パンダ 都立呪術高専2年生。準2級呪術師。人語を解すパンダであり、その正体は感情を持って生まれた「突然変異呪骸」である。2年生達の中でも最も常識的な言動を取る。常に仲間に気を配り、注意役も担当する。
両面宿儺の指 「呪いの王」と称される特級呪物。腕が4本、顔が2つの仮想の鬼神とされるが、正体は1000年以上前に実在した人間である。呪術全盛の時代に術士が総力を挙げて両面宿儺に挑んだが、敵わず敗れたと言われている。その後、計20本の指の屍蝋が特級呪物として残されたが、当時の術師達は封印することしかできず、後に散逸する。



TOPページへ