とっとこハム太郎 ゆびにんぎょう
 
TOPアニメ作品ハム太郎
とっとこハム太郎 ゆびにんぎょう
ハム太郎
ハム太郎
 
リボンちゃん
リボンちゃん
 
こうしくん
こうしくん
 
マフラーちゃん
マフラーちゃん
 
まいどくん
まいどくん
 

●箱画像●


 
●台紙画像●


 
●商品データ●
メーカーEPOCH
発売年****
形 態玩具
価 格****
種 類5体入1種
所 有5種
ハム太郎とっとこむ

エポック社から発売されたハム太郎のゆびにんぎょうセットですが、yujinやFuruta製のものよりも若干大きめですね。ポーズとしては他とあまり変わり映えしません。こどもたちから見ると、これぐらいの大きさの方が遊びやすそうですね。

これは、名古屋のまんだらけで、棚の奥に眠っているのを見つけました。また、指人形が並んでいる台紙はちょっとした地図になっていて、この上で遊べるように工夫されています。


●作品・登場人物データ●
1997年4月より「小学二年生」で連載がスタートした。原作は河井リツ子。原作ではハム太郎というのは特定の1匹をさすのではなく、それぞれの絵本や物語の主役ハムスターをさす。2000年には特定のハムスターを主役に「とっとこハム太郎」としてアニメがスタートした。このアニメは好評を博し、劇場版の公開やハロプロをはじめとする各種芸能人とのタイアップが行われた。TVアニメは1話完結型で全体を貫く基本ストーリーなどはない。主に登場するのは「ハムちゃんズ」と呼ばれるグループに属するハムスターたちだが、そこに数多くのキャラクターが絡み合い、ストーリーが進行していく。
また、各主要キャラクターには多くの「キャラクターソング」が制作されていてこれも人気を高めた要因であると思う。
ハム太郎 主人公のゴールデンハムスター。飼い主はロコちゃんで、彼女のためなら多少危険なことでもやり遂げてしまう強さがある。ハムちゃんズを立ち上げたことからリーダーとされている。ハムスター同士でしゃべるとき語尾に「なのだ」をつけるのが癖。「くしくし」「てちてち」「かじかじ」など、様々なハム語を生み出している。
リボンちゃん フランス帰りのお嬢様。真っ白い毛並みに青いリボンがトレードマーク。タイショーくんから好かれているが、本人はハム太郎の事がだいすき。だけどハム太郎が鈍感すぎてカップルにはなっていない。
こうしくん 模様が牛に似ている事から名付けられた。常にヒマワリの種を持っているが、よく失くしては泣いている。じゃじゃハムちゃんがだいすき。
マフラーちゃん 飼い主のジュンちゃんが編んでくれたマフラーがトレードマーク。とてもしっかり者でもあり、ちび丸ちゃんの通訳兼お姉さん的存在。
まいどくん 常に赤い前掛けをしていて関西弁を喋る。普段は客を呼ぼうとして御主人の商売に貢献している。ギャグを言うことが多いがあまり受けたことは無く周りから「寒い」といわれている。マフラーちゃんがだいすき



TOPページへ