ママは小学4年生 指人形
 
TOPアニメ作品その他アニメ作品
ママは小学4年生 指人形
水木なつみ
水木なつみ
 
みらい
みらい
 
山口大介
山口大介
 

●商品データ●
メーカー****
発売年****
形 態****
価 格****
種 類****
所 有3種
 

ママは小学4年生というのは、ある日突然未来から自分の娘がやってきてしまい、子育てに苦労する小学4年生の日常を描いたものですが、最近ではあのケロロ軍曹第4シーズンのDVDパッケージに「4」の字が使われて有名になりました?

それはともかく、この指人形はまったくといっていいほど正体がわかりません。いつものことですが、いつの間にかコレクションボックスに入っていまして、扱いに困っていたものです。しかしこれ以上増えそうも無いので、中途半端ではありますが、大図鑑に整理させていただきました。


●作品・登場人物データ●
1992年、水木なつみは夢が丘小学校に通う小学4年生の女の子。両親の都合でロンドンに引っ越すことになったが、急な都合で両親は1日早くロンドンに向かわなくてはならなくなり、なつみは1人で一夜を過ごすことになる。雷が鳴る嵐の夜の中、震えながらリビングでテレビを見ていると、突然の激しい落雷とともにテレビの画面から赤ちゃんが現れる。慌て驚いているところに、一緒に現れたコンパクトから母親らしき人からの声がする。翌日再び聞こえてきたその声の話によると、何と彼女は15年後の2007年のなつみ自身であり、赤ちゃんは未来の自分が産んだ娘だというのだ。不思議な出来事だが、なつみは赤ちゃんに「みらい」と名付け、無事に未来に帰れる日まで、日本に残って育てることを決心する。こうして赤ちゃんと小さなママの成長ストーリーが始まった。(Wikipediaより)
水木なつみ 本作の主人公。10歳。夢が丘小学校に通う小学4年生の女の子。勉強はあまり好きではないが、絵が得意でスポーツ万能なクラスの人気者。快活で元気がよく、プロレス好きで同年代の男子をケンカで負かすなどのお転婆なところがある反面、一人っ子で育ったせいか、甘えん坊で寂しがりやの面もある。クラスメイトの龍一のことが気になっている。
みらい 15年後(2007年)の未来からタイムスリップしてきた、なつみと大介の(未来の)娘。元気のいい好奇心旺盛な赤ちゃんで、あちこち動き回っては騒動を引き起こし、なつみたち周囲を振り回す。
山口大介 なつみのクラスメイト。後ろに束ねた長髪と左耳のピアスが特徴的な男の子。しょっちゅうなつみのことをからかってはケンカしているが、なつみとみらいがピンチに陥ったときは必ず助けてくれるなど、いざという時には頼りになる存在。放映当時では珍しかったノートパソコンを操作したり、ビデオ映像の監督を務めたりと、多芸多才なところを見せる。



TOPページへ