こんなこ いるかな 指人形
 
TOPNHK関連おかあさんといっしょ
こんなこ いるかな 指人形
▼指人形セット▼
がんがん
がんがん
 
ぴかっと
ぴかっと
 
まねりん
まねりん
 
なあに
なあに
 
はっぴ
はっぴ
 
げらら
げらら
 
▼その他▼
たずら
たずら
 
みゃー
みゃー
 

●箱画像●


 
●商品データ●
メーカーセガ/キャネロン 他
発売年****
形 態玩具 他
価 格****
種 類****
所 有8種
有賀忍の絵本的生活
(原作者)

『こんなこ いるかな』は、「おかあさんといっしょ」で1986年から放送されたアニメのキャラクターで、指人形の入っている箱の説明によれば、「心理学的分野から性格分離を行」った結果として作られたものらしいです。
全部で12種類のキャラクターがいます。今回の指人形セットでは6種類が含まれていますが、残りの6種類もメーカーなど詳細不明ながら指人形化されているようです。


●作品・登場人物データ●
こんなこいるかなはNHKの幼児向け番組おかあさんといっしょのコーナー。1986年4月から1991年3月まで放送。絵本も発売されていた。個性的な12人のキャラクターが色々なことに挑戦し、成長していくのが物語の主軸。 初期は6人だったが後に6人が追加され12人になった。基本的には、12人のキャラクターの中から1人が主人公として登場し、ぺろとみゃーとのやり取りをするのがお約束である。(Wikipediaより)
げらら いつもわらってばかり
やだもん たのまれるといやだいやだとすぐいう
まねりん すごーい まねっこ
がんがん がんばりや
ぽっけ わすれんぼう
たずら いたずらっこ
なあに しりたがりや
はっぴ いつもしんせつ
ぽいっと ちらかしや
ぴかっと アイディアまん
もぐもぐ くいしんぼう
ぶるる こわがりや
ぺろ
みゃー ネコ



TOPページへ